田園の四季、アート、ホビー、グルメそして人生を楽しむ・・・。 香り高い自家焙煎コーヒーのカフェを併設した隠れ家的なアートスポット「石原田園ギャラリー」のスパイシーな日常を日記風に発信しています。


by ishidenen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめのリンク集です

石原田園ギャラリーオフィシャルサイト
田園ギャラリーの公式サイト。

ちょっと一息入れましょう
京都の街からメッセージ

カフェZスケッチブック
岡山市浜野、すごいカフェ。

やきもんやの日々
備前焼作家、お酒の話も。

ファームヒュッテ日記
友人、アウトドアの達人

ポトトキツの隠れ家
友人、アメリカ帰りのパン屋さん農業をめざす。

足柄山の金太郎塾
子供の遊び研究家でアウトドア自然爺(じい)。

いろイロばたけ絵画教室
千葉県松戸市で絵画教室を主宰、学生時代からの友人です。

岡田音楽サロンくらび舍
古民家再生の素晴らしい音場空間とやすらぎのカフェギャラリー

陶芸工房 中谷
友人の陶芸家、研究熱心。私は蓋物など大好きです。

294ものぶろーぐ・2
ミニチュア・ブルテリアつくしのひとりごと。

ゆうらぼ日誌
陶工房ゆうらぼのdiary,report,information

ひのき草木染織工房&ギャラリー
岡山県真庭市勝山地区にある染織工房、ギャラリーの日々

アトリエ求里畝
宝塚在住の版画作家&ヌビ作家そして韓国文化伝道師のアトリエ

胡風居日記
富山でアート&カフェ胡風居を主宰、その奮闘の物語

アット法務司法書士事務所
陶に詳しく蕎麦大好きのグルメ!アーティストの法務相談はおまかせ・・・

カテゴリ

全体
タロの記録
アート&ホビー
自然
グルメ
ギャラリー情報
出かける(国内)
旅行記(海外)
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:旅行記(海外)( 72 )

秋色ベルギー紀行・その5

f0062055_1039367.jpg
f0062055_10384044.jpg
f0062055_10381948.jpg

ベルギーの旅で秋を満喫したのは南部アルデンヌ地方のドライブでした。

ムーズ川沿いの美しい街ディナンは紅葉(黄葉)真っ盛り。
城壁にのぼるロープウエイものどかです。
そして高台から見おろす街の風景はまさに大鳥瞰。

こんな田舎にこんな美しい街があるなんて、ベルギーの奥深さを感じましたぁ〜。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-17 10:45 | 旅行記(海外)

秋色ベルギー紀行・その4

f0062055_1063173.jpg
 
グルメの国ベルギーならではの味覚をご紹介。

先ずはムール貝。セロリやタマネギなどのみじん切りと一緒に白ワインで蒸し煮された「ムール・マリエール」と呼ばれる料理は素晴らしいものでした。
シンプルで素材を活かす調理法は我々の感覚に合っていますね。
日本ではムール貝自体をあまり食べたことがなかったのですが、大きな鍋をぺろりと平らげてしまいました。

もちろんベルギービールのお供で。(笑)

f0062055_10134619.jpg

次に挑戦したのは魚の塩づけやマリネ。
ホテルでの朝食でしたが、こわごわ、・・・しかしこれがまた美味しい!
鰯やニシンや鱈?、はっきりと魚種は確認できませんでしたが、大満足です。

f0062055_10193167.jpg

これは小エビの塩ゆで。
日本で言えばガラエビ?でしょうか。
皮ごと食べても柔らかい。

海が近いベルギーは親しみやすいグルメがいっぱいでした。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-17 10:04 | 旅行記(海外)

秋色ベルギー紀行・その3

f0062055_947457.jpg

ブリュッセルの世界遺産グランプラスへ向かい路地から望む市庁舎の塔。
街のシンボルタワー、迷ったら目印に???

f0062055_9501452.jpg

ギルドハウスが四方に建ち並ぶ広場ではさまざまな人々が集まります。
もちろん、アツアツのカップルたちも・・・堂々とこのように。(熱&熱)

f0062055_953391.jpg

夕暮れになっても人々の熱気は収まらず〜
夜景もまた一段と美しいですね。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-17 09:56 | 旅行記(海外)

秋色ベルギー紀行・その2

f0062055_92732.jpg
f0062055_9263316.jpg

世界遺産であるブルージュの歴史地区を散策。
シーズンにはちょっと早いのですが、クリスマスモードのチョコレートショップ。
街並と言い、飾り方と言い素敵ですね。こちらの気分まで盛り上がります・・・
[PR]
by ishidenen | 2012-11-16 09:32 | 旅行記(海外)

秋色ベルギー紀行・その1

f0062055_8353699.jpg
f0062055_8351860.jpg

日本では「フランダースの犬」で有名なルーベンスの「キリストの降架」が収められたノートルダム大聖堂のあるアントワープ。
広場の風景も印象的でした。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-16 09:11 | 旅行記(海外)

秋色オランダ紀行・その6《若者たち》

f0062055_8141678.jpg

デルフトの眺望を描いたフェルメールが活躍したデルフトの街を訪れました。

木曜市が開かれていた広場にはたくさんの市が立ち、賑わっていました。
そして観光客に混じって若者グループもその賑わいを楽しんでいましたよ・・・
[PR]
by ishidenen | 2012-11-16 08:23 | 旅行記(海外)

秋色オランダ紀行・その5《車窓から》

f0062055_1812669.jpg

オランダのこの時期の天気はやはりぐずつき気味だそうですが・・・

バスで移動中も素晴らしい情景に出会いました・・・雨が降った街中のたそがれ風景。

f0062055_18143917.jpg

雲の表情も単純でなく、日本で見ている雲と違いました。

これもガイドさんの話ですが、雲の層や構造が日本より複雑な感じがしました。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-15 18:17 | 旅行記(海外)

秋色オランダ紀行・その4《夜景編》

f0062055_1733814.jpg

運河観光は、世界遺産17世紀の環状運河地区を船で巡ります。

晩秋の日の入りは早く、有名なマヘレの跳ね橋を通る頃は夕暮れで、橋にライトが灯りラッキー(嬉)

f0062055_1742121.jpg

そして、海へと続く運河沿いにはライトアップされた歴史的な建物が美しいシルエットで水面に映り、華麗で豪華な異国情緒満点でした。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-15 17:46 | 旅行記(海外)

秋色オランダ紀行・その3《乗り物編》

f0062055_1795869.jpg
アムステルダムの街角で見つけたキュートなミニビークル「CANTA-LX」。

ネットで少し調べてみるとホンダのバイクエンジンを搭載しているようす。
全長も2メートルそこそこでしょう。


f0062055_1714476.jpg
f0062055_17134697.jpg

そしてやはりオランダと言えば「自転車」。

街中に立派な自転車専用道路が張りめぐらされていて、歩いていても下手に専用道路に入ると猛スピードで来る自転車にはねられそう・・・

自転車の種類にもビックリ!
前に子供を入れて走れるカゴの付いたものもたくさん走っています。
しかし値段は結構お高く、ガイドさんに聞くと日本円で15万円くらいもするとか・・・
みなさん大切に使っているそうですよ。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-15 17:24 | 旅行記(海外)

秋色オランダ紀行・その2

f0062055_1723441.jpg


アムステルダム国立美術館、本館は現在改修工事ですが、代表作レンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」を見ることができました。

f0062055_1771855.jpg


時期的には少しシーズンオフでしょうか、まずまずの混み具合。

f0062055_1782340.jpg


フェルメールの前ではゆったりと、こんな接近観賞も可能でした、もちろん時間もたっぷり。

なにより現地在住の日本人ガイドさんがていねいに解説、至れり尽くせりの美術鑑賞会となりました。
[PR]
by ishidenen | 2012-11-14 17:13 | 旅行記(海外)