田園の四季、アート、ホビー、グルメそして人生を楽しむ・・・。 香り高い自家焙煎コーヒーのカフェを併設した隠れ家的なアートスポット「石原田園ギャラリー」のスパイシーな日常を日記風に発信しています。


by ishidenen

プロフィールを見る
画像一覧

おすすめのリンク集です

石原田園ギャラリーオフィシャルサイト
田園ギャラリーの公式サイト。

ちょっと一息入れましょう
京都の街からメッセージ

カフェZスケッチブック
岡山市浜野、すごいカフェ。

やきもんやの日々
備前焼作家、お酒の話も。

ファームヒュッテ日記
友人、アウトドアの達人

ポトトキツの隠れ家
友人、アメリカ帰りのパン屋さん農業をめざす。

足柄山の金太郎塾
子供の遊び研究家でアウトドア自然爺(じい)。

いろイロばたけ絵画教室
千葉県松戸市で絵画教室を主宰、学生時代からの友人です。

岡田音楽サロンくらび舍
古民家再生の素晴らしい音場空間とやすらぎのカフェギャラリー

陶芸工房 中谷
友人の陶芸家、研究熱心。私は蓋物など大好きです。

294ものぶろーぐ・2
ミニチュア・ブルテリアつくしのひとりごと。

ゆうらぼ日誌
陶工房ゆうらぼのdiary,report,information

ひのき草木染織工房&ギャラリー
岡山県真庭市勝山地区にある染織工房、ギャラリーの日々

アトリエ求里畝
宝塚在住の版画作家&ヌビ作家そして韓国文化伝道師のアトリエ

胡風居日記
富山でアート&カフェ胡風居を主宰、その奮闘の物語

アット法務司法書士事務所
陶に詳しく蕎麦大好きのグルメ!アーティストの法務相談はおまかせ・・・

カテゴリ

全体
タロの記録
アート&ホビー
自然
グルメ
ギャラリー情報
出かける(国内)
旅行記(海外)
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Ducati Monster 900 発見。

近所でバイクのいい音がするので誘われて出てみると、真っ赤なドゥカティが暖機運転中。

そのお宅ではこれまでミニバイクらしきものは見かけたのですが、本格的なバイクは初めてで興味津々。
早速カメラを持って見せてもらいに行きました。(野次馬ですみません)

f0062055_10495129.jpg
f0062055_10503100.jpg


ご本人も中古で譲り受けたばかりで・・・とのことでネットで調べてみるとネイキットモデルのベースとなったドゥカティ・モンスター900と言うモデルらしいことが解りました。

それにしてもイタリア・デザインの美しさはとてもまねできない血の違いを感じます。
(と言っても日本のデザインを悪く言っているわけではありませんが。笑)

Lツイン(90度)のおなかに響くようなエンジン音はまさしくドゥカティの音。
リペアが終わったばかりと言うことで今後ちょくちょく見せてもらえそうで楽しみがまたひとつ増えました。
[PR]
by ishidenen | 2009-12-31 11:02 | アート&ホビー

マックノートが突然ストップ。

iBookG4を持ち運びように4年半くらい使っていましたが急に動かなくなり、慌てて大手家電の5年保証に滑り込もうとしたのですが、パソコン類は半額保証とか。(今はパソコン自体にその保証が適用されないとのこと)

f0062055_17225066.jpg


それでもすがるような気持ちで見積もりを取ってもらったら半額でも2万数千円。
息子に相談すると、「HDなら1万くらいで売っているんじゃないの?」との言葉に「やって!」と叫んでいました。(笑)

息子が予測するにHDが壊れている可能性が大とのこと。交換可能な形式を確認して電気店へ。

f0062055_17232468.jpg

一番安いの・・・と選んで、でもメーカーだけはマック純正に使われたものがまあ安心かと2番目に安いWestern Digital社の120GBのものに決定。6000円くらい。(写真右)

そして特殊工具のトルクスドライバーを百円ショップで購入、これは200円でした。(写真左)


f0062055_17233739.jpg


早速ネットから修理手順をプリントアウトして作業にかかってもらいましたが、私にはサッパリ解らずすべてお任せとなりました。


f0062055_17235017.jpg
f0062055_17241099.jpg

このモデルはHDがかなり奥深く収まっているらしく、分解の度合いも半端じゃないようで、外したネジをなくさないのと、位置を間違わないようにテープで貼り付けていきます。


f0062055_17242281.jpg


で、やっと出てきた壊れたHD(右)と新しいHD(左)、もちろんサイズは同じです。外観からはどちらが新品かも間違いそうです。

そして何とか交換も成功、こんどは組み立て工程へ。
分解の手順をそのまま逆に注意深く戻していきます。結構忍耐が必要。
もっとも私はそばで見ているだけで何も手伝えませんが・・・

さて再インストールが待っていますが、ここらでちょっと一休み・・・
[PR]
by ishidenen | 2009-12-30 17:37 | アート&ホビー

中欧、お気に入りのおみやげ。

おみやげはかなり我慢して、気に入ったもの、そこでしか手に入れられないものに限って探しましたが、その中で自分用に購入したのがこんなものでした。

f0062055_10472234.jpg
ブダペストのお土産屋さんで見つけた刺繍。手仕事ですし色が綺麗、そして柄が良い。
お値段はびっくりする程安いので気の毒な程でした。


f0062055_10494489.jpg
ウイーンのシェーンブルン宮殿のクリスマス市で見つけたメタルのクリスマス飾り。重量感があって色づかいも綺麗でこんなのみたことがありませんでしたのでつい買ってしまいました。

いずれも良い想い出になります。
[PR]
by ishidenen | 2009-12-30 10:54 | 旅行記(海外)

カフェレポート、ウイーン編。

ウイーンの中心部、デーメルのあのザッハートルテ。
メランジェとアイシュペンナー。


f0062055_9311166.jpg
f0062055_9312486.jpg
f0062055_9313436.jpg

[PR]
by ishidenen | 2009-12-29 09:32 | 旅行記(海外)

町で見かけた気になるクルマ。

いろんな町で目に付いたクルマをピックアップ。大して意味はないのですが・・・
f0062055_10194277.jpg
RENTと書いてありますからレンタカーなのか、何かのレンタル会社なのか?

f0062055_10205734.jpg
少し古いフィアットと見たのですが。

f0062055_10213932.jpg
外観はスズキのワゴンRなのですが、中身は?

f0062055_10224743.jpg
GOLF5の前に停まるスクーター。

f0062055_10235240.jpg
GOLF2と思われるが、町並に合いますね。

f0062055_10245438.jpg
これは特に古いプラハのトラム。観光用に貸し切りで乗り込んできました。サスペンションが必要以上に堅いのはご愛敬か。(笑)

f0062055_1026444.jpg
車種メーカー不明、デザインからはワーゲンかと思いましたが、マークが違います。もしかしてワーゲンと提携しているSKODA製か?

f0062055_10285148.jpg
この色どうも郵便自動車みたいです。ルノーと見ましたが・・・
[PR]
by ishidenen | 2009-12-28 10:33 | 旅行記(海外)

ヴェルヴェデーレ宮殿のクリムト。

雪のウイーンでホテルからトラムと地下鉄を乗り継いでヴェルヴェデーレ宮殿へ。
少しどきどきしながら地下鉄の駅を乗り過ごさないように緊張しました。


f0062055_189066.jpg
宮殿もまさに雪景色。
寒さは半端じゃないですが美しさも最高。雪の宮殿を見られるのもラッキーとしましょう。(笑)


f0062055_1810424.jpg
f0062055_1811175.jpg
19世紀末の画家クリムトの作品が数多く展示されているこの宮殿は広大な敷地に建っていました。門から歩くこと歩くこと・・・しかも雪の中。

ちょうど日本で「ウイーン世紀末展」が開催中と聞き作品の有無が気になっていましたが、上の2点を初め、たくさんの作品を思いのほか人の少ないの空間でじっくり間近で見ることが出来たのも雪のおかげでしょうか。

事前のガイドブックで見たとおりの有名な作品が目白押し。写真では少しけばけばしく見えた金箔を使った作品、実際はやはり色調のバランスが取れていて感動しました。
随所に日本美術を意識したような様子もうかがえ興味津々でした。
金ばかりが注目されるクリムトですが、それ以外の色彩も素晴らしく、やはり本物そして素晴らしい会場で見ることが出来たのは幸せでした。
[PR]
by ishidenen | 2009-12-27 18:28 | 旅行記(海外)

ウイーン美術史博物館。

あまりたくさんは見ることが出来なかったのですが、代表的なものだけ駆け足で・・・


f0062055_10511065.jpg
f0062055_10512259.jpg
大階段の天井画の下にある壁画は若きクリムトが制作したものだそうで、写真ではよく見えませんが彼らしい様式が見られました。
この奥にすてきなカフェがあり、少し休憩させて頂きました。


f0062055_10523845.jpg
f0062055_10525122.jpg
最大規模のコレクションと言われるブリューゲルの作品。いずれも絵はがきを購入しました。雪景色はまさに私たちが体験したこの季節の風景でした。(寒)(以下絵画の作品はいずれも絵はがきから)


f0062055_10535980.jpg

ベラスケスの青い服のマルガリータ王女がありました。年齢ごとに何枚か並んでいましたがこの青い服が良かったです。


f0062055_1053202.jpg
あれれ・・・フェルメールを期待していったのですが、この絵は現在貸し出し中だそうで小さな写真が広い壁面に貼ってありました。(笑)
[PR]
by ishidenen | 2009-12-26 11:18 | 旅行記(海外)

クリスマスのショップあれこれ。

クリスマスの盛り上がりまっただ中の中欧。
各地のクリスマス・グッズ売り場の賑わいは半端じゃありませんでした。


f0062055_1485853.jpg
ブダペストのクリスマス市。


f0062055_1410828.jpg
地元と思われる子供たちのコーラスも晴れの舞台で披露?。


f0062055_1412178.jpg
ウイーン市庁舎前のクリスマス市の店先。


f0062055_14123826.jpg
そして別の小さな駅前に出来た直径10メートル程のメリーゴーラウンドがまた可愛い。


f0062055_14181949.jpg
プラハの旧市街広場。氷点下10度の寒さにもかかわらず人出は途絶えません。
[PR]
by ishidenen | 2009-12-25 14:16 | 旅行記(海外)

中欧のファーストフードめぐり?

とにかくクリスマス市がどこでも開催されていて、その中でも良いにおいのする屋台に吸い寄せられます。
とにかく寒いので暖かい食べ物が人気みたいでした。

f0062055_18472838.jpg
まずはこれ、屋台ではなくフランクフルト空港のフードコーナーで買った夜食用のサンドウィッチ。店のそばにカウンターがあり、みんなそこでほおばっていましたが、私たちはお持ち帰り。ホテルで半分ずつ食べてちょうど良いボリュームでした。

f0062055_18505499.jpg
ウイーンの市庁舎前のクリスマス市で食べた焼き栗。これが最高!
熱々の焼きたて栗を三角形の雑紙の袋に入れてもらい、歩きながら食べるのがこちらのスタイル。
このあと別の場所でも買ってしまいました。

f0062055_1931076.jpg
f0062055_19315138.jpg
プラハのクリスマス市で昼ご飯代わりに食べたホットドッグとホットワイン。
とても大きく最初は食べきれないかと思っていましたが何とか完食、夜までおなかがいっぱいでした。(笑)

その時一緒に飲んだのがホットワイン。みんな飲んでいる定番風だったので挑戦したのですが思ったより甘くて飲みやすい、まさに日本の甘酒感覚でしょうか・・・
このホットワインは各地の市で大人気のようでした、寒い夜には体の中から温める???


f0062055_19372926.jpg
f0062055_19373846.jpg
ウイーンには繁華街にシーフード専門のフードスタンドがあり、ツナやエビなどが入ったサラダ、それにエビやサーモンのオープンサンドを注文しそこでも食べられます。店員はどうやらベトナム人だったそうです。久しぶりに新鮮な野菜とシーフードを補給しました。(笑)
[PR]
by ishidenen | 2009-12-24 19:45 | 旅行記(海外)

クリスマス市を巡る旅。

今回の旅のひとつの目的に「クリスマス市」を訪ねることがありました。
各国ともそれぞれに楽しい市が出来ていて、そしてどこも大勢の人たちで賑わっていました。
f0062055_18562969.jpg
クリスマス市の写真ではないですがブダペストの町中のクリスマスイルミネーション。シンプルですがとてもおしゃれ!

f0062055_18574519.jpg
ブラチスラバの町のクリスマス市。チェコとは分離独立したスロバキアの首都で小さいけど非常に雰囲気の良い町でした。

f0062055_19202189.jpg
f0062055_193095.jpg
さすがにウイーンの市庁舎前のクリスマス市はすごくきれいでした。規模も大きく、寒いのに赤ちゃんをベビーカーに乗せた家族連れなども夜遅くまで楽しんでいる様子をうららましく眺めさせてもらいました。

f0062055_1953144.jpg
プラハも旧市街広場にクリスマス市がたち、氷点下10度を超えようかという寒さの中、まさに熱気に包まれた賑わいでした。

4カ国を回り、それぞれにクリスマス市を味わいましたが、全体の色調がシンプルで厳かな印象を受けました。いずれも日本のカラフルなクリスマスイルミネーションとはひと味違う素晴らしいものでした。
[PR]
by ishidenen | 2009-12-23 19:17 | 旅行記(海外)